« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月 8日 (水)

出版流通・販売問題研修会のご案内(全3回)

研修会受講のご案内
【出版協プレゼンツ 出版流通・販売問題研修会】(全3回 2017年11月6日/第1報)
 
 日頃からの出版活動に対し敬意を表します。
 さて、この度、出版協では、連続3回の【出版流通・販売問題研修会】を企画いたしました。
 ご案内のように大阪屋・栗田の再編、アマゾンのバックオーダー中止と直取引への勧誘、日販の流通
 倉庫統合、日本出版インフラセンター(JPO)の出版情報システムの第二段階への移行など、大きな動
 きが起こっています。
 これらの最先端の状況を知り、次の一手を考えていく情報を共有するため、以下の講師陣による研修
 を計画いたしました。
いずれも出版流通・販売・情報システムの最前端で業務に携わる【プロ中のプロ】のお三方でござい
ます。このお三方の研修・情報提供の機会は、稀有なことと存じます。
 定員が限られております。ぜひ、出版協事務局までお早目にご予約ください。
 
 ご案内 出版流通・販売問題研修会(連続全3回)出版協/第1報)
(1)仮題「大阪屋栗田がいま考えていること——新販路の拡大という取り組みを中心に」
鎌垣英人様(大阪屋栗田 執行役員)
11月22日(水)
17時開始〜20時終了予定
小石川運動場会議室:文京区後楽1-8-23 電話03(3811)4507(JR飯田橋駅、地下鉄
後楽園駅)

主な項目】

 

●大阪屋栗田現況報告

 

●出版業界の現在の課題とその取り組み

 

1)取次というインフラの課題

物流(運輸)、倉庫

 

2)現在の書店モデルの課題

雑誌コミックの大幅売上減、打開策としての「本」以外の商材の現状

 

3)新しい書店モデルの創造

 

①書籍偏重小規模モデル(本専業)

 

②書籍と他商材(カフェ含む)との複合型

 

③別事業店舗に小ロットの書籍展開(ホワイエモデル) 

 

★研修の内容、目的から出版社の書店・取次担当者の方々、書店の方々、これから本を商材として
扱いたい小売店の方々の受講を歓迎いたします。大阪屋栗田の書店への新展開、新戦略が解説され
ます。
 
(2)仮題「流通・販売の課題に出版社はどう対応するか——取次・書店・読者に販促のための情報を
どのように届けるか」
高島利行様(語研営業部長)
12月7日(木)
17時開始〜20時終了予定
小石川運動場会議室(同上)
 
★出版情報集積・配信インフラの現状、出版社が出版情報を発信する際の手法事例などが紹介されます。
 
 
(3)仮題「いま、日販が取り組んでいる流通改善 つぎの一手」
上原清一様(日販ネット営業部部長)
主な項目
日販における物流統合後のネット書店用在庫の稼働状況
Webエリア在庫のメンテナンスはどう変わったか
販売・受注実績から需要予測へ
越境ECとの連携
複数ECサイト出店事例
 
★日販物流センターの統合の状況や「需要予測」を使った(アマゾン等の)「予測在庫化」の取り組み
など、新しい取り組みの結果をまじえての明るい未来につながる話などが情報提供されます。
2018年2月2日(金)
18時開始〜21時終了予定
日販本社ビル/お茶の水(5階会議室)
 
★研修の内容に鑑み、受講対象者を出版社(出版協の会員社・非会員は問わず)に限らせていただきます。
 
 
お申込み方法
*研修費:出版協会員社・賛助会員=各回1000円(非会員各回2000円)
*懇親会(お申し込みください)、研修後に開催。ネットワークを広げる機会としてご利用ください。
 参加人数、お名前、版元名、懇親会の参加有無をメールにてお申し込みください。
 全3回を受講いただくと、より全体像が鮮明になると存じます。
 ご取材の際(第1/第2講座)は、その旨、お申し添えください。 
 
 
*申し込み先
一般社団法人・日本出版者協議会(出版協) 事務局:水野寛
東京都文京区本郷3-31-1 盛和ビル40B
TEL:03-6279-7103/FAX:03-6279-7104
Email:shuppankyo@neo.nifty.jp

2017年11月 6日 (月)

2017年11月61号(通巻285号)

1p ・・・・・・・・「ほんのひとこと」

「出版協ブックフェス開催しました」
出版協理事 金岩宏二(現代書館
2p-5p ・・・・・・・「FAX新刊選11月に出る本」(出版協Books)

出版協ブックフェス開催しました

 9月9日(土曜日)、「第0回 出版協ブックフェス」を、東京の千代田区「在日本韓国YMCAアジア青少年センター」で開催しました(朝10時~18時まで)。
 出版協として開催した初めての「ブックフェア」でした。当日は爽やかな秋晴れで、来客萬来ならば言うことなしで楽しい年末が迎えられるはずでしたが、なかなか期待通りに行かないのも、世の常でしょうか。
 以下、反省点も含め今後のために報告いたします。
●出展社 あけび書房、凱風社、解放出版社、海鳴社、共和国、現代書館、現代人文社、合同出版、こぶし書房、コモンズ、彩流社、三一書房、三元社、自然食通信社、社会評論社、不知火書房、新宿書房、新泉社、知泉書館、筑波書房、南方新社、パイインターナショナル、晩成書房、批評社、ぺりかん社、木犀社、唯学書房、リベルタ出版、緑風出版 
計29社。
●売上 全社総額 約40万円弱
●メディア掲載実績 事前掲載・新文化、図書新聞、週刊読書人、毎日新聞朝刊、東京新聞朝刊
●その他事前告知手段 ポスター掲示・東京堂書店神保町店、千駄木往来堂書店、千代田区図書館 ならびにTwitter
 参加された出版社から以下の三点のご意見を頂きました。
①集客・売上が少なすぎた。その原因として、告知不足、場所が悪い、出版協の単独開催であったのも客を呼べなかった一つの要素かもしれない。
②合計3回あった、トークイベントが販売の妨げとなっていたのではないか(ブックフェスの会場とイベント会場が同じ所で、トークを聞くために集まった来場者が会場の中央の席に座ってしまった。そのため、トークがいったん始まったら終わるまで、会場内を回って展示してある本を眺めるということがまったくできない雰囲気となってしまった)。また、トークイベントの内容も一般読者向きというよりは業界・関係者向けではなかったのか?
③定価販売だけでなく、もっとこの日だけの値下げ販売も検討してよかったのではないか? 等々。
・開催会場に関しては、古くからの本屋街である神保町にも近く、必ずしも不利な条件とはいえないのではないか(会場を1日借りる経費も、都内の他の会場と比較すると格段に安かったのです)。
・トークイベントに関しては、反省すべき点が多かったと思います。イベントの内容はまだまだ考える余地はあったと考えます。トークイベントの設営はブックフェスの会場中央に椅子を配置したことで、お客様が通路を回遊できなくなりました。イベント用に会議室を別に借りるなどすべきでした。
・値下げ販売に関しては、出版協が主催する以上、定価販売以外の案は考えられませんが、B本や、ヤレ本についてはその旨、明記の上で販売可、と事前説明会の際に各社へ伝えています。
 イベント運営では様々な問題点・反省点がありますが、やはり最大の問題点で課題なのは「集客」問題です。来場者アンケートによると、今回のフェスを知るきっかけとして一番多かったのはTwitter(56%)でした。そのほかは口コミ、知人の紹介が多く、意外にもマスメディアや書店告知経由での認知はゼロでした。 
 今回の「ブックフェス、イベントに行ってみよう」という要因として、一番多かったのはSNS(Twitter)。これは、新刊・既刊の告知にも有効です。このSNSへの取組を大きな課題として考えていこうと提案します(参加社のうち半数はSNSを実施していないことに鑑み、まずはSNSとは何かからの勉強会を開催していく予定です)。
 また、告知の方法としてインターネットのみならず、神保町界隈の書店さんでチラシを配布する方法なども考えられました。これについては、各版元の協力が必要です。さらに、出品書籍のジャンルによりマニアに告知する方法も必要で、そうした告知方法も検討すべきだと思います。マスメディア経由の認知ゼロはショックですが、良い方法があれば出し合いましょう。
 次回の開催は現段階では決定してはいませんが、「これにめげず、壁をぶち破って次回も開催したら」という心強い声援も頂いております。知恵を振り絞って、頑張っていきましょう。
出版協理事 金岩宏二(現代書館

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »